(産後ケア)骨盤矯正の効果は?するのとしないのでは違いますか?

写真

まず、骨盤を締めることで下垂していた内臓を元の位置に戻すことができます。 内臓が下がることは見た目のポッコリ感だけでなく、基礎代謝の低下にもつながり、痩せにくいカラダになります。 皮膚も伸びきったままで、骨盤の開きからお尻が下がり、横幅感が増し大きく見えてしまいます。

妊娠する前は履けていたズボンが「骨盤の横の出っ張りで入らない」といった体形が戻らないと悩まれている方も多いですが比較的早期に解消します。

そして骨盤を締めるだけではなくインナーマッスルの強化が重要です。

インナーマッスルとは文字通り内側の筋肉の事を差し、妊娠出産を機に緩んでたるんでしまった筋肉と皮膚、骨盤周りを引き締めるにはとても大切な筋肉です。 体型を戻すにはこのインナーマッスルを引き締め重心バランスを整えます。

プロポーションの崩れを元に戻し、妊娠前のスタイルに戻していくためにも骨盤矯正とインナーマッスルの強化は必須となります。

お子様の成長とともに、ママご自身の体形も戻していく有効な時期だと思います。