(すべての方へ)ギックリ腰の安静の仕方

①まずは 冷やすのか?温めるのか?

ギックリ腰は怪我です。まずは炎症を最小限に抑えるために冷やします。

アイスノンや保冷剤などで10分冷やす患部(痛い場所)を50分放置(冷湿布薬を張った上から冷やしてもOK)

また10分冷やす50分放置を繰り返します。

*温めると血行が良くなり炎症促進してしまいます、お風呂に入ると 「暖かい♨」という感覚が→脳に伝わり「痛い⚡」という感覚を一時的に紛らわします

とても痛みが和らぐ気がしますが、湯から出るとまた痛みを感じ出します。

程度によりますが、受傷から2日くらいはシャワー程度がおススメです。

*受傷から 痛みがピークを過ぎるのには 35才までの方で24時間(1日)かかり、35才以上の方で48時間(2日間)かかると言われています。

これは修復スピードが若い方の方が早いからです。

痛みが落ち着くまでは冷やす 安静が基本になります。動けるようになりましたら施術を受けにいらしてください。

不安な方はどうぞお気軽にお電話ください。ご相談お待ちしております。

 

関連ページ 「ぎっくり腰をしてしまったら⁉」